会計ソフト指導 (堺市 和泉市 宮本和雄税理士事務所)

1) 会計ソフトで、はじめるらくらくパソコン会計とは
  1.簿記の知識が不要
  2.経理知識のある社員が不要
  3.電卓片手に手書き帳簿作成が不要
      ↓
会計ソフトでこんな事もできます。
  1.売掛金の入金漏れや一方的な値引きをチェック
  2.店舗ごとの利益をリアルタイムで把握
  3.事業部門ごとの利益をリアルタイムで把握

らくらくパソコン会計の会計ソフトの使い方

@日付の入力

日付入力
  8/23の場合「823」と入力します
    ↓

A取引の選択

取引選択
  ドロップダウンリストの形式で現われてきます。
  ここから入力したいものを探してクリックすれば、登録してある項目が自動的に入ります。
  この場合、「切手をで購入した」をクリック。
  平易な言葉で処理できるので、簿記や経理の知識は不要です。
    ↓

B金額の入力

金額入力
  800円の支払であれば、「800」と入力すれば、仕訳入力の完成です。


「日付」→「選択」→「金額」 の繰り返すだけの作業です。
このような作業に経理知識のある社員を雇う必要はないので、安心してください。


2) 他業務 合理化の提案

 宮本和雄税理士事務所は、多様なお客様の、IT化による合理化の経験が
数多く有りますので、お客様の不得手な分野でも、様々な合理化案を、
提示させて頂く場合がございます。

<会計ソフト体験コーナーの案内>
 
 会計ソフトを実際に操作していただくコーナーを設けています。
 とりあえず一度、パソコンに触って実感してみてください。
 会計ソフトをどこのメーカーにするか、検討中の方も歓迎です。
 簿記や経理の知識がなくても、関係ありません!!
 わずかな時間ですが、よろしければ是非お試しください。


line2.jpg