中小企業専門の経営計画塾@

中小企業専門の経営計画塾A

中小企業専門の経営計画塾B

中小企業専門の経営計画塾

中小企業専門の経営計画塾D

中小企業専門の経営計画塾E

§1: ご挨拶 § 
(堺市 和泉市 宮本和雄税理士事務所)

『不安を、未来への希望に変える』

  

私、宮本 和雄は今から17年前(平成15年)に、1人で開業しました。
開業の動機は、「自分で決めたい。」でした。
それは、自衛隊という組織に所属していたことから始まっています。
当時、私のスケジュールは、朝から晩まで365日間、びっしり埋まり
商品の販売、サービス提供するお客様もいません。
当時の私には、なんのために働くのかわからず、
たんたんと予定を消化するだけの
モヤモヤしていた時期が続いていました。


そんなあるとき、本屋で職業辞典を調べていると
「1人で開業できる専門職」、「少し難しい資格」、「給料が良い」と
書いてあった『税理士』に憧れました。
きっかけは本当にそれだけです。
私の家系は会社員で、自営業者はいません。誰にも相談せず、1人で決めました。  

自衛隊時代に培った粘り強さのおかげで資格を取得し開業できましたが、
地縁ゼロ、人脈ゼロ、お客様ゼロでの開業です。
どんな仕事でも依頼されると嬉しくて、がむしゃらに朝から夜遅くまで休まず働きました。
たくさんの仕事を抱えていることが、自分の存在価値が認められていると思えて、
誇らしく感じていました。

 ただし、典型的な下請け会社です。
税金を計算するために、忙しく働いている下請けです。
開業から5年もすると、仕事は順調に増えて3人くらいの社員を採用していました。
外から見ると順調ですが、私自身は仕事が増えて、社員が増えても楽しくなることはありません。
苦労だけが増えた気分でした。
この仕事で困っている人のお役に立つことはできていましたが、
過去の数字を作る仕事だけでは、本当に喜んでいただくことは難しいと感じていました。

結局、楽しくない自衛隊時代の思いがよみがえりました。
どんな仕事も同じかと、半ばあきらめかけていた気持ちでしたが、今から8年前です。

【感謝されることで、口コミだけで日本一成長している
会計事務所のNO1社員が、数字の説明の仕方を教える。】
という広告を見ました。
そのフレーズはお客様に喜ばれていないと感じていた私の悩みにはまりました。
そのときから東京の会計事務所とのお付き合いがはじまりました。
不思議な縁ですが、これもこれだけの理由です。

驚くことに、教えていただいたことを真似することで、
少しずつではありますが、お客様の反応が変わっていきました。
お客様がまだ課題だと思っていないこと、気づいていないことを提案できたり、
当たり前のことが当たり前にできていないお客様に、
そのことを説明し、その行動をチェックするだけで、
業績が変わる会社が続出しました。

理想を掲げ、それを言語化し、全社員で共有する。
そして、その計画を数字でチェックすることで
さらに計画を改善していく。
結果、計画に志を同じくする社員を巻き込んでいくやり方。
その後、社員給与や賞与を上げることでき、
お客様の社員さんを笑顔にする喜びを感じることもできるようになりました。  

「今を一生懸命行動する」ことしかできませんが、
正しい考え方の上で熱意を持って行動することで
初めて物事がいい方向へ動き出すことを体感しています。

これからは、1社でも多くの方に
自分の目標を掲げ、その目標を目指す経営を
伝えることを目指します。


無料の財務分析を9月30日まで期間限定で受け付けます

「社長の成績表」

現在100社のお客様の財務支援をしている宮本和雄税理士事務所。100社のお客様を指導する中で培った「財務(資金)改善ポイント」をオリジナル分析資料「社長の成績表」1冊にまとめて、個別解説付きでご提供します!

財務診断サービス.pdf

【お申し込みの流れ】

  1. 上記ファイルをFAX、またはメールでお申し込みください。
    mail:miyamoto@miyamototax.com
    Fax 0725-55-4210
  2. 弊所よりご連絡させていただき、ご来社いただく日程を決定いたします。
  3. 決算書を2期分、郵送、メール、又はFAXでお送りください。

全日本月次決算ランキング 第1位になりました。

IMG_4348.jpgIMG_3704.JPGIMG_3693.JPGKIMG0768.JPG           

215名もの会計人が集い「月次決算道場」が開催されました。

2020年7月15日、16日の2日間にかけて、月次決算の活用実演をおこなう道場です。

「全日本月次決算ランキング」も提供される企画があって

事務所代表の宮本和雄は第1位を獲得しました。

(2019年は第4位)

他の方の見方が参考になり、【学び】が満載でした。

さらに、前向きに行動する方たちと出会うことができ刺激を受けて

今以上に、お客様のお役に立てるように行動しようと思いました。

業界最大メディアの月刊会計事務所に試算表説明の達人として掲載されました

月刊会計事務所表紙.jpg

月刊会計事務所 宮本記事.jpg

お客様の声@

旭産業株式会社

代表取締役 野々村有希夫

 

“事業継承”が前進しました。 ありがとうございます。

 

 私は“事業継承の難しさ”を感じており、自身では長年にわたり解決が出来ずにいて半ばあきらめて放置していました。同族で製造業会社を営む経営者の長男であり、3代目の代表取締役に就いております。会社の事業規模は小さいですが、50年以上の社歴があります。    私が入社して20年以上が経過し、“事業継承”は自然に成されるものと思っていましたし、そうあるべきだと思っていました。しかし、現実はそう甘くはありませんでした。“継承”という言葉の裏に “継承する者と次へ渡す者の利害関係” “互いの感情”が複雑に絡んでいるからです。 しかし、宮本先生のお陰で“事業継承”が大きく前進しています。 普段、宮本先生のご指導などにより中小企業の在り方の指導、経営に必要な数字の勉強がとても有意義で、私なりに経営方針を立てて事業を盛り立てることにやりがいを感じてきました。そして、私も経営者としての自覚が芽生えてきました。そして、自らの思いで事業承継を進めようとしましたが、それは一歩たりとも動かなかったのです。 理由は、上記したように継承する者と渡す者の利害関係や感情が絡み合い、継承するの私には“当事者”である為、解決する糸口さえもなかったからです。  この膠着状態は、数年続き、私にとっては大きなストレスとなっていました。しかし、宮本先生が事業継承する者と渡す者の架け橋となり、事態を打開してくださいました。 それは、偏に宮本先生は、双方に“何が大切であるか=会社が安定定期に継続発展すること、特に社員の生活を安定向上させるためにために”を提示し、理解を促すコーディネーター(まとめ役)であり、“中立”的な立場をとることに重んじて、双方の利害が最適化するように促するネゴシエイター(交渉役)であったからだと思います。 私は、事業継承は、絡んだ糸を解すような作業が必要だと思っています。その為、宮本先生のように多くの企業を見てきたことによる会社を俯瞰して見てもらえる豊富な経験、相続の観点からの専門知識を用いながら、様々な角度からのアプローチがそれを可能にすることを私は実感しました。 私は事業継承が前進したことを宮本先生に感謝しております。これからもご指導のほどよろしくお願いします。

お客様の声A

株式会社こもれび 代表取締役 赤沼奈美様  

 

(1)このサービスを契約する前はどんな状態でしたか。

 施設の稼働率が低いので、紹介先に「とにかく紹介してください」とお願い営業を一生懸命していましたが、紹介が少ない状態でした。社内の状況は社員の離職率が高いため、新人社員の比率が高い状態でした。結果、技術水準の低い社員が多く、ベテラン社員に負荷がかかり、ベテラン社員も離職するという悪循環の状態でした。また、即戦力社員を高賃金で採用するため、方針に従ってくれず、社内トラブルが絶えずありました。 

 

(2)このサービスと出会ったキッカケは何でしたか。 

宮本税理士さんから今なら何とかなると言っていただき、何とかしてとお願いしました。

 

(3)なぜ、サービスを契約するという素晴らしい決断ができたのでしょうか。

「必ずよくなるから大丈夫です」と何度も言ってくださったからです。  

 

(4)実際にこのサービスを契約してどうでしたか。

 私共の得意な重度な介護が必要な方にお客様を絞ったおかげで、営業先が明確になりました。やるべきことが明確になったので、そのケアマネージャさんからの紹介が増えました。施設の稼働率が95%くらいまで上がると、毎月利益が出るようになりました。結果、いろんなことが悪循環から好循環のサイクルに代わっていきました。 そして、私共が重度の介護が必要な方を対象にサービスを提供している理由が明文化できると、それが会社の経営理念になりました。その思いを紹介先であるケアマネージャー、社員、利用者の方々と共有できるようになり、一体感が生まれてきました。私共のサービスの特徴が明確になると、教育内容や採用方針も明確になってきました。 朝礼時に社員同士を誉めあうようにすると、社員同士のコミュニケーションに変化が生まれお互いが関心を持つようになり、助け合う雰囲気が生まれてきました。また、私の理想や目指していることを伝えきれていなかった幹部と、話し合う機会ができ、同志になることができました! 毎月PDCAを回していく中で、結果の良い点、改善点を何度も指導していただきました。 この指導の中で、当たり前のことを当たり前にする、ということが頭に刷り込まれてきました。  

 

(5)このサービスで叶えることができた夢は? 

理念に共感してくださるケアマネジャー様からの紹介が増え、利益が増えました。 困っている社員を助けたり、技術の高い社員が低い社員を教える場面が増えてきました。 稼働率が70%から80%に上がり、来月には95%を達成できそうです。 人間性を養うことができ、社風がとてもよくなりました。  

 

(6)このサービスはどんな人におすすめですか? 

利益が伸びずに悩んでいる方、人事や社員教育で悩んでいる方。 

 

(7)今、まさにこのサービスを受けることを検討している人に熱いメッセージを!

このサービスを受けた当初は、将来が不安でいっぱいでした。 「半年後には必ずよくなる」と太鼓判を押してくれた先生の言う通りに行動すると、 徐々に成果を出すことができ、とても嬉しく思っています。 お客様に喜んでいただく、手間暇をかけることの大切さ。そういった、 当たり前のことを当たり前にすることで、少しずつ会社は変わり始め、未来が明るくなります!

お客様の声B

株式会社こもれび

 管理者 小島健資

 

 最初、本当は嫌でした。
 残業も耳をふさぎたくなる数字(業績)の話も 知らない方が楽だと思っていました。

 私は介護の仕事にはやりがいを感じていましたが、
会社や事業所、経営のことには意識が向いていませんでした。

 でも宮本塾の後、
社長との話しあいを重ねる中で、 社長の考えていること、目指していることが分かってきました。 経営が大変なことも。  

これではいけない!介護のことだけではなく
会社のこと、経営のこと、そして職員のことを考えないと。
意識が変わり、スイッチが入りました!
仕事にやりがいや楽しさを感じられるようになりました。

 宮本塾で学んだことを実行し、PDCAを繰り返しました。

 ご利用者を紹介してくださるケアマネジャー様や周りの方に
弊社の方針や目指していることを定期的に伝えることを続けていると、
共感してくださるケアマネジャー様からの紹介が増えてきました。

 宮本塾に入って約半年、少しずつ会社が変わり始め、
利用者の数が増え、未来への可能性を感じられるようになってきています。

これからもご指導のほどよろしくお願いします。

料金表

顧問料金.png

§6:その他のサービス案内 § 
(堺市 和泉市 宮本和雄税理士事務所)

『 環境整備とは? 』

自衛隊出身の宮本和雄(当事務所所長)が、
5S(整理、整頓、清掃、清潔、躾)
及び 笑顔での挨拶等 を訓練することが、
人間性のある集団に変え、

風土は、会社方針を本気で取組む集団になる。

kankyou.jpg

『 事業の構図とは? 』 
(一倉 定 先生筆)
企業のビジョン、理念、未来像から、戦略、戦術、
目標数字等を判り易く、書き表したものである。
常に企業が、全体バランスに目配せするべき
指針となっております。

jigyou-kozu.jpg

『 保険料削減 』

経営陣のリスク管理に「保険」があるが、
実際には、保険会社によって大きな差がある。
どこが有利なのかを、比較できる。

hoken.jpg

『 会計ソフト指導 』  

簿記の知識、経理知識が無くても、
「会計ソフト」で導入指導を行います。
その他の、業務合理化の
提案も、随時行ってまいります。
安心してお任せ下さいませ。

soft-shidou

line2.jpg